タイトル + 小見出し3つ

タイトル + 小見出し3つ

タイトル + 小見出し3つ

トレーニングとして

 

文章を書く時に、アウトラインを意識しながら書くということも必要なことと思われます。
ただ、ダラダラと書いていると、とりとめもなくなってしまいかねません。

 

といってもがんじがらめのルールを作ってもしょうがありません。

 

とりあえずは、タイトル、これは当然必要なものです。

 

そして、小見出しを3つというのがいいかなと思います。

 

2つでは、ちょっと少なく、4つ以上だと、書く前に挫折してしまいそうです。

 

最初のトレーニングなので、3つ。
妥当なところと思います。

 

バリエーションの前に基本

 

どんなことでもそうだろうと思いますが。
まずは、基本。
ここからです。

 

バリエーションを考えるのは、基本ができてからでも遅くはありません。

 

まあ、3つの小見出しを先に書いてから文章を続けるというのが、基本なのかと言われたらなんとも言えない部分でもありますが。

 

それでも簡単なルールを決めて、それを守っていくところから習慣化できれば、スタイルを作り上げることができるのではないかと思います。

 

数をこなす中で改良を

 

これを淡々と繰り返している間に、3つを4つにしてみるとか、そもそもの3つの組み立て方に工夫を加えるとか、色々と改良できる可能性があります。

 

これは、意図的にすすめるのではなく、必然的に、自分なりの型を作り上げていく感じが無理なく良いかと思います。

 

小見出しは、ホームページばかりでなく、ブログの記事でも実践できます。
特別に修飾しなくても、小見出し部分の頭に☆とかをつけて、その小見出しを太字にするとかで、簡単にできます。

 

タイトル + 小見出し3つ関連エントリー

ひとつのサイトの中にいくつものテーマを作る
ヘッドバナーを作ってみる
SIRIUSで沢山サイトを作っていく
アドセンスに力を入れようかと考えています
テーマが決まっていなくても、パワーになるかもしれません
ひとつ検索してひとつ記事を書く
人は、何故無料という言葉に弱いのでしょうか
これしかできないということをひたすらやる
更新しなければならないサイトは、毎日見る
年月の蓄積って、大きいものです
ブログの一記事にある日アクセスが来る
一つのインフォメーションでひとつのサイトを作る
WordPressが乗っ取られる危険性あるのなら
とりあえず作って、後日、加筆していく
ひとつの記事が大切
ブログも愛着を持って育てる
サイトのパワーによって、見える景色が違う
ホームページの記事も一度に完成させるのではなく
アフィリエイトのキーワードに関して
独自ドメインのメールアドレス
ロングテールに関しての記事を探しています
ブログとホームページのちがい
ネットの使い勝手を良くする便利なサイトを作る
すべてがキラーページである必要もありません
お金が無いほうがアフィリで稼げるようになる
ネットの情報を編集する作業
削除されたページも移行しておけば、いずれインデックスされます
無料ブログもそこそこにしておいたほうがいいかなと思います
アフィリエイトの確定申告
平易な言葉プラスキーワード
記事の分業体制
チャンクを意識して記事を書く
構想を練る段階で、考え過ぎない
ブログの記事は、音声入力で書いていく
ブログの過去記事からネタを拾う
ブログにも小見出しをつけながら記事を書いてみる

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ