SIRIUSで沢山サイトを作っていく

SIRIUSで沢山サイトを作っていく

SIRIUSで沢山サイトを作っていく

アフィリは、黙ってサイトを作る

 

アフィリエイトで稼げない原因は、サイトを作っていないこと。これが多いみたいです。自分でも思い当たります。ただひたすらに黙ってサイトを作り続けること。結局は、これにつきると思います。

 

独自ドメインを取得してホームページの形で作るのがいいみたいですが、なかなか敷居が高いものです。SIRIUSというサイト作成ソフトがあります。これでしたら、ブログ感覚で、簡単にサイトを作れます。

 

いろいろと考えて、構想3年とかやっているよりも、まず、ひとつ作ってみる。そして、うまく行きそうであったら、記事を追加していく。そうやって育てていくのがいいかと思います。

 

思い込みだけではなく

 

情報満載の役に立つサイトでなければならない。そんな思い込みというか、刷り込みもあるかもしれませんが。

 

実際には、商品羅列のサイトでも、必要な人には、貴重なカタログになるかもしれません。

 

そればっかりでなくて、いろいろなタイプを作ってみて、検証すればいいと思います。

 

また、むかし作って放置してあるサイトなんかも、意外にアクセスが来てたりするかもしれませんので、また、記事を足すというのは、いいかもしれません。

 

ポイントは、

  • 情報提供のサイトも作る
  • 物販カタログのサイトも作る
  • バランスよくいろいろ作って、自分の得意なパターンを見つけ出す

 

そんなところでしょうか。

 

無料サービスと、有料ドメイン

 

ホームページを作成してアップする先としては、無料のホームページスペースがあります。FC2とか、忍者ホームページとかです。他にも、探せば国内外いろいろあると思います。でも、広告が入ったり、削除されたり、サービスが終了したり。いろいろなリスクがあります。

 

有料サーバを借りて、独自ドメイン。これが一番使いやすいですが、お金がかかります。

 

どちらかというわけでもありませんので、両方使えばいいと思います。無料スペースでも作りこめばアクセスがありますし、サービスが終了してしまったら、データは、SIRIUSに残っていますので、別のドメインにアップすれば、タイムラグはありますが、また、再開することができます。

 

ニーズをつかむ、キーワードを拾う、バックリンク。このあたりを考えたら、無料サービスで気軽に沢山作ってみるというのも悪くはないと思います。

 

SIRIUSを使えば、書き換えたりするのが楽です

 

WordPressなどでも更新は、楽にできると思いますが、SIRIUSも簡単に修正してアップロードできます。

 

全体を更新するには、かなりの時間がかかりますが、1つの記事でしたら、そのページのところを開いて、加筆修正したあと、クイック更新 というところを押せば、一瞬で更新できます。
これは、そのページだけの更新なので早いのです。

 

すなわちブラウザで自分のサイトを眺めて、一部分を修正したければ、SIRIUSで修正してすぐにそれを反映できるということになります。

 

ブラウザとSIRIUSがあれば、ネット上に自由に書いたり消したり修正したりすることが、ほぼストレス無くできるということです。

SIRIUSで沢山サイトを作っていく関連エントリー

ひとつのサイトの中にいくつものテーマを作る
ヘッドバナーを作ってみる
アドセンスに力を入れようかと考えています
テーマが決まっていなくても、パワーになるかもしれません
ひとつ検索してひとつ記事を書く
人は、何故無料という言葉に弱いのでしょうか
これしかできないということをひたすらやる
更新しなければならないサイトは、毎日見る
年月の蓄積って、大きいものです
ブログの一記事にある日アクセスが来る
一つのインフォメーションでひとつのサイトを作る
WordPressが乗っ取られる危険性あるのなら
とりあえず作って、後日、加筆していく
ひとつの記事が大切
ブログも愛着を持って育てる
サイトのパワーによって、見える景色が違う
ホームページの記事も一度に完成させるのではなく
アフィリエイトのキーワードに関して
独自ドメインのメールアドレス
ロングテールに関しての記事を探しています
ブログとホームページのちがい
ネットの使い勝手を良くする便利なサイトを作る
すべてがキラーページである必要もありません
お金が無いほうがアフィリで稼げるようになる
ネットの情報を編集する作業
削除されたページも移行しておけば、いずれインデックスされます
無料ブログもそこそこにしておいたほうがいいかなと思います
アフィリエイトの確定申告
平易な言葉プラスキーワード
記事の分業体制
チャンクを意識して記事を書く
構想を練る段階で、考え過ぎない
ブログの記事は、音声入力で書いていく
ブログの過去記事からネタを拾う
タイトル + 小見出し3つ
ブログにも小見出しをつけながら記事を書いてみる

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サイトマップ